マンション経営時の空室対策について|上手な不動産投資

女の人

知っておけば得する不動産

相談

知らないと危険なこと

マンション経営で破たんするほどの失敗をしてしまう人はほとんどいません。たとえ失敗したとしても、対処法を知っていたらリスクを回避することができるのです。破たんしてしまう一番の原因は、不動産会社の話を鵜呑みにしてしまうことです。「売買契約をすれば、あとは何もしなくて構わない」と言われたら気持ちが揺らいでしまうのは仕方ありません。しかし、失敗しないためにはこのような甘い誘惑に乗ってはいけないのです。購入する気が全くない人でも、不動産会社にうまく言いくるめられて、マンション経営の知識がないまま経営者になってしまうこともありえます。ただ、マンション経営はうまく行えば確実に財産を築きやすい分野ともいえます。購入を決める前にリスクの回避法を知っておけば、必ずあなたにとってプラスになるでしょう。

リスクを回避する方法

マンション経営で失敗しない一番の方法は、不動産会社の情報を鵜呑みにしないことです。必ず信頼のおける不動産会社と契約を結ぶようにしましょう。不動産仲介業者の中には、売れた後はどうなってもいいと考える人も少なからずいます。自分が危険だと感じたら、他の不動産会社をあたることが賢明です。もうひとつ、マンションを購入する前に気を付けたいのがリフォーム費用です。購入してしばらくしてから大幅なリフォームが必要になってしまっては大損になりかねません。あらかじめ不動産会社に確認をとっておくとよいでしょう。最後に気を付けたいことは、空室リスクの回避です。空室が多くなってしまうと、それだけ収入が減ってしまします。そのため、事前に空室対策についてしっかりと考えておくことが大切になります。空室対策の方法としては、集客サービスの利用等が挙げられるでしょう。インターネット上には、そういった情報が数多く存在していますので、自分に合った方法を探してみることをお勧めします。

マンションの管理方法

外観

評判の良いマンション管理会社は、居住者の意見をまとめるノウハウがあるので、大規模修繕やリノベーション、建て替えなどの問題が起きた時に頼りになります。管理組合だけでは回避できないトラブルにも対応してもらえます。

View Detail

リスクを減らす

オフィス

物件から収益を得るためには物件の選び方が大切です。東京で投資マンションを購入するなら、立地条件がよく、防犯設備の用意されているマンションを購入することも大切です。

View Detail

リスクに応じた対策を

建物

比較的手堅いリターンが見込めるマンション経営ですが、空室などで資金繰りが悪化したといった失敗例もあるので注意が必要です。また失敗例に対する備えとしても空室対策ならば、サブリースを利用するといった工夫もできます。

View Detail