リスクに応じた対策を|マンション経営時の空室対策について|上手な不動産投資

マンション経営時の空室対策について|上手な不動産投資

レディ

リスクに応じた対策を

建物

資金繰りの悪化にも注意

不動産におけるインカムゲインを収益の柱とするのが、マンション経営です。そのため比較的手堅いリターンも望めますが、同時に経営失敗例も存在するので、注意が必要です。その1つが空室や賃料滞納などによる、資金繰りも悪化による経営失敗です。賃貸経営を始める一番先に出した終始予測と見合わなくて、開始早々にマンション経営に失敗する人も中にはいます。そして気をつけたいのが管理会社の倒産です。現在ではマンション経営を行う人の多くが賃貸管理を管理会社に委託しています。このおかげで不動産に詳しくない人でも運用できますし、副業としても経営可能です。しかし管理会社も倒産のリスクがあり、実際にそうなった場合はオーナーがまた一から管理会社を探す手間が生じます。そのため管理会社は長く付き合える実績のある会社を選択することが最適です。

手堅く運用するための備え

どんなに少額な物件であっても、不動産経営では全てにおいてリスクがあり、そして失敗例が存在しています。マンション経営も同様ですが、先人の多くの失敗例は逆にこちらが経営に成功するための有用な情報となるので、工夫次第ではより手堅くマンション経営に取り組めるはずです。例えば入居者が中々埋まらずに、空室が多くて経営に失敗したというケースならば、いわゆる転貸とも呼ばれるサブリース加入による備えも、有用な対策となる可能性があります。また住宅ローンの金利が途中で変動し得して返済額が増えたといった失敗例の場合は、ローンの金利を変動型から固定型に変えるといった方法がとると有効であった可能性があります。このようにマンション経営の失敗例は、それを糧に活かせる有用な情報なので、手堅い不動産経営のためにも多くを知って参考にすべきです。